癒しやリラックスのためのヨーガ



HPにもブログにも、バラバラと書いてはいるのだけど、
最近ご質問が多いので、少しまとめさせていただく事に。
今宵は「表参道セラピスタジオのヨーガ」について。

HPには『癒しやリラックスのためのヨーガ』と書いた。
様々な種類のヨーガを効果的に組み合わせる事によって、
「自律神経を調整する」事に重きを置いているといえる。

きっと少人数制だからこそ出来る特典だろうが、
その日来られた方の体調に合わせたプログラムが可能で、
必要な調整内容を、必要な時にお伝え出来るのが嬉しい。

心理療法的なアプローチでは、自己観察を進めて欲しい。
自律訓練法もMIXし、リラックス効果を高めてゆく一方、
「下腹の活力」が漲りスッキリ感が得られるよう伝える。

セッション中は、考える事をやめて感じる事に集中する。
身体の内側の世界を、呼吸とともに、短い旅をするのだ。
自分の中の「本当の自分自身にコネクト」してゆく作業。

身体のケアと心のケアは、姿勢作りと呼吸法から始める。
ポーズの完成度に執着し過ぎない事も大切になってくる。
つまり、呼吸があって、それぞれのポーズがある。

セラピーヨーガを中心に、ハタヨーガ、ラージャヨーガ、
例えば、パワーヨーガの要素でさえ組み込む事になるが、
ジェントルな方法と、スローな流れを、強調して伝える。




たまに、このようにグルグル巻になってしまう事もある。
リクライニングで合せき中だが、超スローヨーガの実践。
回復ヨーガは体調と相談しながらアーサナを選んでゆく。

身体の声を聴く。絶対に無理をしない、我慢し過ぎない。
身体を痛めないよう、キツい時は寝転んで休んで欲しい。
クラス中のお手洗いでさえも、気兼ねなく行って欲しい。

マットの上で感じ、身体で理解出来たバランス感覚を、
マットから離れた日常の中でこそ、当てはめて欲しい。
大切なのは、気づき。価値を与えずオープンにしたい。

もしも、休んだ時、罪悪感や敗北感を感じたとしたなら、
その気持ちのゆくえを、ただ優しく見守ってみて欲しい。
日常の中でも、同じような事が起きているかもしれない。

というわけで、休みが必要だと感じたら休むのみ。
罪悪感や敗北感を感じる必要のない事をぜひ認知したい。
例えそう感じたとしても、評価はせず、認め受け容れる。

今の時代は、気を遣わない練習もきっと必要なんだろう。
多くの人々が、余計な気を遣い過ぎて生きている。
(地球環境や世界平和には、ぜひ気を遣いたいものだけど)

繰り返すが、一番大切なのは、
マットの上で得た「智慧」を、日常に役立てるという事。
瞑想で得た「静寂」を、生活の中に活かせるかどうかだ。

大地があって、宇宙があって、自分自身がそこにある。
自分の奥底にある世界、そしてどこまでも広がる静寂。
その「調和」を感じられれば、深い幸福感が得られる。

というような事を、
表参道セラピースタジオでは日々淡々とお伝えしている。

瞑想やヨーガを、生活の中に組み込めるようになると、
おそらく大抵の出来事には笑って過ごせるようにもなる。
私のようにのんびりし過ぎるのもどうか、とは思うが。たらーっ

姿勢作りが出来てきた方には、痛めない方法であるなら、
朝夜5分づつでも、家でのプラクティスを推奨している。
水摂取やお風呂の重要性、自己整体や自己マッサージも。

また、多くの方が皆さん同じような事を仰っるのだから、
週一でも、定期的に続けてさえいれば、ふと気がつけば、
ダイエットや体型矯正に対する効果も得られるのだろう。

そう言えば、
HPは年に1〜2回しかアップして来れなかったけど(反省)、
ヨーガ会員の皆様に何かレポートでも頼んでみようかな。
そしたらまたそのうちにアップしまする〜〜(たぶーん)。
ピピピ



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

archives

recommend

recommend

HASU‐KRIYA
HASU‐KRIYA (JUGEMレビュー »)
LOVE PEACE&TRANCE, 福澤諸, 遊佐未森, 甲田益也子, 小川美潮, 細野晴臣

links

profile

書いた記事数:399 最後に更新した日:2017/02/07

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM