踊るシヴァ像 ナタラージャ



写真は、ヒンドゥー最高神シヴァの異形『ナタラージャ』。
今回のNY滞在中、ある人にいただいたものだ。m(_ _)m
現在表参道のエントランスにて毎日踊っていらっしゃる。

シヴァの化身『ナタラージャ』は、踊りの神様である。
その踊りは宇宙のリズムであり、世界を滅ぼし再生へ導く。
インドでも、古代より、歌や踊りは神聖なものだったのだ。

私は長いこと音楽の世界で生きていたが、ライヴ会場でも、
レコーディングスタジオでも、たとえプリプロの時だって、
「神様が降りて来る」という感覚の瞬間は、やはりあった。

神様がいるとしたらば、美しいものを愛でるに違いないし、
心震えるほど美しい波動を紡ぎ出す者たちを愛するだろう。
その波動はあまりに愉しくもあり、また悲しいほど美しい。

ともすれば、宗教では苦行のみが求められる。
無論、そういう場面が多いだろう。
けれども、歌や踊りのその旋律やリズムは神に通じている。
その世界を身体で理解出来ているのは、とてもラッキーだ。

実は、昨夜、集まっていたのは、音楽家ばかりだったので、
何だかそういう話にもなっていたっけな。
ありがたやありがたや。

インドの物語では、シヴァを嫌う仙人達が、彼を殺そうと、
虎を向かわせたが、その虎の皮をはいで体に巻き付け踊る。
毒蛇を投げつけると、その蛇をネックレスにしてしまった。
悪魔を放つと、それを踏みつけながらも踊りは止まらない。

と、これはどうしたことかと、仙人達が天界を見上げれば、
神様達の全員がシヴァの踊りに見入っていた、というお話。
なるほど、それはとてもよくわかる話だ。
ピピピ



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

archives

recommend

recommend

HASU‐KRIYA
HASU‐KRIYA (JUGEMレビュー »)
LOVE PEACE&TRANCE, 福澤諸, 遊佐未森, 甲田益也子, 小川美潮, 細野晴臣

links

profile

書いた記事数:399 最後に更新した日:2017/02/07

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM